MENU
保育を取り巻く現状と課題

皆様ご存知のとおり、近年保育所の数が急増しております。
中でも企業主導型保育事業を用いた、いわゆる「企業主導型保育園」は2019年3月31日現在までに
約3,817施設設立されており、8.6万人分の定員枠を受け入れる施設が設立されています。
今後もますます保育所の生存競争は激化すると予想できます。

保育業界は現在成長期です。
このページでは、2025年の保育需給バランスが逆転する前に「圧倒的地域一番園」になるために、
弊社がご提供させていただいております、企業主導型保育事業の経営(園児募集)コンサルティングを
ご紹介させていただきます。
例) “企業型保育所 定員空き40% 内閣府1420施設調査”.東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201901/CK2019012202000128.html, (参照 2019-4-30)

 

弊社の強み

ITグループ株式会社では、東京都・神奈川県で企業主導型保育所を14園運営しております。
コンサル実績15園(北海道・東京・神奈川・東海地方・関西地方)※2018年度実績
弊社がサポートしている保育所は、全園定員充足率95%以上・保育士配置100%以上で安定した経営を実現しております。

 

― サービス一覧 ―

~ 収益モデル ~

企業主導型保育導入事例

お気軽にお問い合わせください。03-5348-0083受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。